大蔵流 狂言方【善竹忠亮】の公演スケジュールです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ロミオとジュリエット


2010年 Theatre Project Si ラストへのカウントダウン。今送るは、この物語。

2008年『ハムレット』でその幕を開けたTheatre Project Si。「3年間で全6作」という計画で始まったこのプロジェクトは、今年2010年、ついに最後の年を迎えます。第5回の今回、満を持してお送りするのは 「ロミオ&ジュリエット」
シェイクスピア劇の中で最も有名で、最も多くの人に愛された作品と言っても過言ではないこの作品。
主人公のロミオとジュリエットに「ハムレット」以来のダブル主演となる大蔵流狂言師・善竹忠亮&二期会・ソプラノ土田聡子。これまで唯一、全作品に出演してきた2人が、主演として再び対峙します。
モンタギューVSキャピレットという2つの家同士の争いの中で、恋に落ち、やがて悲劇を迎えるふたりの物語。
モンタギュー家を狂言師で、対するキュピレット家をオペラ歌手で固めると言う、かつてない趣向でお届け致します。
全シリーズ中、最多の4人のオペラ歌手(二期会)を迎える今回は、続投のメゾソプラノ・北澤幸の他、バスバリトン・畠山茂、バリトン・吉川健一が初参加。新風を吹き込みます。大蔵流狂言師からは、若手の筆頭・茂山良暢と牟田素之が参加。ロミオとジュリエットを密かに助ける実相院役は、2大流派の重鎮、善竹忠重(大蔵流)・佐藤友彦(和泉流)によるWキャスト。さらに音楽は琴とチェンバロという、東西の旋律楽器の対決です。琴に青木麻衣子、チェンバロに小林功を配します。美しい旋律の二重奏と、二期会豪華オペラ勢により、シリーズ随一の音楽性を目指します。 (公演パンフレットより)




<公演日時>
京都 公演 2010年5月28日(金) 午後7時開演 於 京都観世会館
大阪 公演 2010年5月29日(土) 午後2時開演 於 大阪能楽会館
東京 公演 2010年6月4日(金) 午後2時・5日(土)午後7時開演 於 大阪能楽会館

<キャスト>
【鈴木家(モンタギュー)】
鈴木大介(ロミオ)・・・・・・・善竹忠亮
竹本大膳・・・・・・・・・・・茂山良暢
青山十郎・・・・・・・・・・・牟田素之
【松山家(キャピレット)】
松山鮎(ジュリエット)・・・・・土田聡子
坂本義仲・・・・・・・・・・・吉川健一
松山義家・・・・・・・・・・・畠山茂
かえで・・・・・・・・・・・・北澤幸

演出 
関根勝
原作
ウィリアム・シェイクスピア
作曲 石川潤一 音楽アドバイザー 吉田亮一
衣装 山本喜代志(オートクチュール・コスタブランカ)
ヘア&メイク 山崎健志 
演出助手 牟田素之 宣伝美術 小池真奈美 宣伝デザイン 石川俊介
プロデュース 川橋範子
主催 Theatre Project Si 京都実行委員長 吉田恒(吉田装束店)
後援 日英協会 二期会 イタリア研究会 新風館 早稲田大学国際教養学術院 関西大学アジア文化交流研究センター VivaCe 五島公認会計事務所

料金
A席 5,000円 B席 4,500円 C席・E席4,000円 D席3,500円 F席3,500円(学生2,000円) 

お申込み・お問い合わせ(Theatre Project Si事務局 03−3584−2085)

チケット取り扱います⇒コチラ